【製造業・世界と戦う担い手づくり エキスパート待望 (66)】若手技術者が口ばかりで動かない 技術評価計画を立案させる

若手技術者の中にはいわゆる「口だけ」の方がいます。これは本人に悪気があるわけではなく、自分の意見を述べることに重点を置いているだけの事であり、それによって自らの存在価値を見いだそうとしている一種の防衛反応です。

しかし問題なのは、言うだけなのは誰でもできる一方、「重要なのはそれを実行できるか否か」という事実です。何かを前に進めるにあたり、技術者の間で議論し、方向性を決めるのは大切なことです。

しかしながら、議論の中で発言するだけで仕事が前に進むのが当たり前という誤解を若手技術者のうちにしてしまうと、その技術者は将来、技術者ではなく評論家になってしまうのです。そして評論家の技術者は以下のような言動が目立つようになり、早い段階で戦力外になっていきます。※技術者にとって回避したい丸投げ思考

では、口ばかりになりがちな若手技術者に対して、どのような課題を示せばいいのでしょうか。

口だけの技術者かそうでないかは技術評価計画を立案させればすぐにわかる

結論から述べると、「技術評価計画を立案させる」というのが取り組ませるべき最初の課題となります。例えば若手技術者が、「それについては○○を示せばいいと思います」「この事実を証明するには、××を行えばいいと思います」といった場合、マネジメントはその発言に応じて「では、その案を具体的にどのように行うべきか、詳細を含め技術評価計画を立案せよ」と命じるのです。

マネジメントが見るべきポイントは以下の通りです。
・目的に対し、取得したいアウトプットが明確か。→目的到達に必要なアウトプットが示されているかを確認します。
・必要な評価が俯瞰的に網羅されているか。→行おうとしている評価に抜け漏れがないかを確認します。
・技術評価手順は明確か。→細かいところまで記載され、何をやろうとしているか明確になっているか。

この辺りが明文化できる発言であれば、「それは評論ではなく、立派な技術提案」になります。マネジメントはそれに対し真摯に内容を精査し、評価を実行するか否かの承認判断をすることが求められます。

そしてこの辺りがかける若手技術者は、その後、他の企業をマネジメントする指示書や依頼書をかけるようになります。

このような観点からも、「若手技術者だから口ばかりで中身が伴っていない」と決めつけるのではなく、技術評価計画をきちんと立案できるか否かを見極め、もしそれができるようであれば責任ある仕事を任せ、即戦力にするという一種の英才教育に近い技術者育成計画が必要になると考えます。

その一方で、技術評価計画が書けない若手技術者は戦力になりません(恐らく80%以上の若手技術者は全く書けないと思います)。

「技術評価計画の書けない提案や発言内容では業務は前に進まない」ということを通達し、技術評価計画を何度も出し直させる一方、何度やってもできないとなった段階で、まだそのフェースにない(実行力がない)ことを理解させ、目の前の仕事に取り組むよう指示を出すことがマネジメントとして必要な対応です。口だけと思った若手技術者が思わぬ戦力に成長することもあります。

そういう意味でも、頭ごなしに決めつけるのではなく、マネジメントもその力量を図るチャンスを与えるということを忘れないようにしてください。

【著者】

吉田 州一郎
(よしだ しゅういちろう)
 FRP Consultant 株式会社
 代表取締役社長
 福井大学非常勤講師

FRP(繊維強化プラスチック)を用いた製品の技術的課題解決、該関連業界への参入を検討、ならびに該業界での事業拡大を検討する企業をサポートする技術コンサルティング企業代表。現在も国内外の研究開発最前線で先導、指示するなど、評論家ではない実践力を重視。複数の海外ジャーナルにFull paperを掲載させた高い専門性に裏付けられた技術サポートには定評がある。
https://engineer-development.jp/

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG