【FA製造業2022トップインタビュー】相互扶助の取り組み推進 日昭無線 伊佐野 勝利 代表取締役社長

2021年12月期の業績は、売り上げが前年度比2桁増となり計画以上の実績に着地でき、利益も前年実績を上回ることができた。販売する製品が納期通り入ってこないことから受注残が多くなっており、23年に納品する注文も来ている。受注増に対応して在庫を通常の2倍に積み増しているが、商社として在庫をしっかり確保しておくことは今後の戦略の上で重要であることを認識できた。

今年の景気見通しはあまり厳しくは見てはいない。ポイントは前半をどう乗り切るかだと思う。22年も2桁増の売り上げを目指すが、あまり高望みしないで足元をしっかり固めて強くし、サプライヤーとして供給の役割を確実にしっかりと果たしていく。人手不足や部材不足などが顕著になる中で、営業のスタイルも、お客様に製品を納品するだけでなく、納めた後でも困っていることがあれば何か役立つようなお手伝い方法を考える、といった相互扶助の取り組みも進めていきたい。販売競争が激しくなる中にあって、「モノ売りからコト売り」による差別化であると思う。一昨年から、営業から物流機能を分離したことで、営業が本来の販売活動に専念できるようになり、新規開拓や既存顧客の掘り起こしなどに力を入れられるようになってきた。コロナ禍もあり訪問営業にはまだ制約が多いものの、営業車の削減効果などにもつながっている。

2年ほど前から社内のコンピュータ基幹システムの入れ替え準備を進めているが、今年中に新システムに切り替える。従来から使っている当社独自のシステムの良さを生かしながら、最新のパッケージと融合させたさらに使いやすい基幹システムにする予定だ。こうしたシステムと連携しながら、社内のコミュニケーションを深めて情報の共有と協力を進めるWin-Winの取り組みで、成果につなげていきたい。

https://www.nmk.co.jp/


【完全版】オートメーション新聞2022新年FA特集号を無料プレゼント

三菱電機やアズビル、安川電機など主要FAメーカートップ59社の2022年の見通しや、FA製造業界の主要業界団体の2022年年頭所感、2022年の機械・電機業界の見通しなどを掲載したオートメーション新聞2022新年FA特集号を無料プレゼントしています。

ご希望の方は、下の「無料お試しPDF申込み」からお申し込みください

オートメーション新聞では、新聞本紙+PDF提供による年間購読(1万9500円)を受け付けています。また無料で一部ページのみご覧いただけるお試しPDF版サービスも提供しています。この機会にぜひお申し込み下さい。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG