【FA製造業2022トップインタビュー】カナデンDXを強力に推進 カナデン 本橋 伸幸 代表取締役社長

2021年度業績は、新型コロナウイルス感染症の影響や半導体不足による製品供給問題で厳しい状況が続き、売上高1070億円、営業利益は前年度比34.7%増の36億円、純利益は3.5%増の24億円を見込んでいる。

FAシステムは設備投資抑制と製品供給問題により回復が鈍い。ビル設備は情報通信事業者向け電源設備が堅調に推移し、低温機器も好調なスーパー等の需要により堅調だが、空調機器は、オフィス・飲食業等の需要が低調。インフラは、コロナ禍で鉄道事業者の設備投資が見直されるケースも多い。情通・デバイスは、半導体・デバイスが世界的な需要好調により大幅伸長。情報通信分野は、画像・映像機器が製品供給問題の影響で苦戦している。

「カナデンDX」に本格的に取り組み、11月に「製品サイト」をオープン。取り扱い企業220社の製品情報の掲載を開始したところ反響が大きく、1カ月でこれまでの1年分と同じ問い合わせ数を獲得できた。重要なのは、これをいかにビジネスにつなげていくか。それに向けてインサイドセールスの体制準備を進めている。またSFA(営業支援システム)を導入し、商談状況の見える化を進め、組織営業の強化を図っている。

22年は、労働力不足による自動化やカーボンニュートラルなど当社が得意とする領域が旺盛になると想定している。自動化ビジネスは配膳ロボットなどのサービスロボットにも取り組み、このほかZEB、太陽光など再生可能エネルギー関連ビジネス、医療・介護ビジネスにも力を入れる。

エレクトロニクスソリューションズ・カンパニーとしてお客様の課題解決に貢献し、持続的に成長を続ける企業となるべく、カナデンDXを強力に推し進め、ビジネスモデルの変革を行い、業績も確実な成長軌道を目指す。

https://www.kanaden.co.jp/


【完全版】オートメーション新聞2022新年FA特集号を無料プレゼント

三菱電機やアズビル、安川電機など主要FAメーカートップ59社の2022年の見通しや、FA製造業界の主要業界団体の2022年年頭所感、2022年の機械・電機業界の見通しなどを掲載したオートメーション新聞2022新年FA特集号を無料プレゼントしています。

ご希望の方は、下の「無料お試しPDF申込み」からお申し込みください

オートメーション新聞では、新聞本紙+PDF提供による年間購読(1万9500円)を受け付けています。また無料で一部ページのみご覧いただけるお試しPDF版サービスも提供しています。この機会にぜひお申し込み下さい。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG