【IIFES特集】外れにくく引張耐力が2倍 サトーパーツ 配線接続用クリップ「SatConパワークリップシリーズ」

サトーパーツはIIFESに、みのむしクリップの進化版の配線接続用クリップ「SatConパワークリップシリーズ」をはじめ、先端交換・組み合わせ自在の「KISEKAEチップ」、現場配線・結線作業が誰でも簡単に工具無しで接続できるスクリューレスコネクタなどを中心に展示する。小間№は西1-93。

「SatConパワークリップシリーズ」は、引張耐力が同社従来品比2倍にアップした「C-100シリーズ」、定格300Vの高電圧に対応した「C-100-Hシリーズ」に続き、第3弾として「C-100-X」の販売を開始した。

「C-100-Xシリーズ」は、M5-M6サイズのねじ頭、電線(クリップ側面)の挟み込みが可能になっており、定格も600V20Aと高圧・高電流に対応している。絶縁カバー色は6色が完備。

パワークリップは、クリップ歯の上下の8カ所でねじのアタマを挟み保持するツメを設けるとともに、ねじを安定化させるストッパーをクリップ歯の奥に設けることで、ねじアタマを完全に挟みこんで固定し保持できる。

「KISEKAEチップ」は、先端部がバナナプラグ、Y型端子、φ2ピンプラグの3種類が揃っており、ジャックと合わせた4種類セットも完備。

(https://www.satoparts.co.jp/)

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG