【IIFES特集】3つの成長事業を訴求 アズビル デジタル技術でつなぐ持続可能な未来

アズビルは、「アズビルとともに“体験”を。デジタル技術でつなぐ持続可能な未来」をテーマとして掲げ、ハイブリット開催となったIIFES2022のリアル展、オンライン展双方に出展する。小間番号:1-27。 

持続可能な未来へつながるアズビルの3つの成長事業領域(新オートメーション事業、環境・エネルギー事業、ライフサイクル型事業)における「ベネフィット」を、各種ソリューションや最新のオートメーション技術を通して紹介。ニューノーマル時代のDX(デジタルトランスフォーメーション)推進を支援する最新の技術・ソリューションや、カーボンニュートラル実現に向けての貢献など具体的に提案する。 

リアル展では、1月26日にスポンサードセッション「DRで目指すSDGsの達成、カーボンニュートラルの実現」も開催する。このセッションは、IIFESと同期間に行う自社開催の「アズビル オンラインセミナー2022冬」でも生配信し、会場に来場しなくとも聴講が可能だ。

オンラインセミナーではリアル展で実施する出展者セミナーを含む7プログラムをライブ配信し、リアル展の会期終了後はアーカイブ配信を行う。

https://www.azbil.com/jp/product/factory/event/iifes

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG