【FA製造業界2022トップインタビュー】次の50年に向けて飛躍 ジェルシステム 安井 雄司 取締役 営業部長

第50期にあたる2022年4月期の業績は、産機事業を中心に好調に推移しており、売り上げ、営業利益とも、前年度比110%ぐらいになりそうだ。産機事業は、半導体関連向けを含め堅調に拡大しているが、部材の入手難や価格高騰が著しいことから、納期遅れと生産のコストアップが課題になっている。また、SSRやセンサーなども全般的に好調な売り上げになっている。

一方、環境事業は、コロナの感染拡大に伴う景気悪化により投資意欲が低下した影響を受け厳しい。電子ブレーカは競争が激しくなっているなかで、新規販路開拓を進めた。今後はより幅広い分野への提案活動を進めるとともに、高圧関連への提案と新規開拓活動を強めることで売り上げアップを狙う。

21年からパワーモジュール市場に参入し、第1弾としてサイリスタモジュール「PWAシリーズ」の販売を開始した。独自の4段端子構造で、接続アングルによって様々な回路に対応できるのが大きな特徴。また、放熱特性を考慮した構造により、接合、及び保存温度はマイナス40~プラス125℃まで対応可能になっている。今後ラインナップを強化しながら拡販を進める。

22年の景気は、半導体を含め、5G関連や電子・電気を中心に明るいとみている。産機ではパワーモジュールの拡販を継続して取り組むとともに、コロナ禍で停滞した海外市場に注力する。
環境も高圧関連のリニューアル案件の取り込み結果が出る時期であり期待している。同時に大手ユーザーの開拓も進める。

当社は1972年5月の設立から今年で50周年を迎える。50周年の記念ロゴを作成したが、これまでのお引き立てに感謝するとともに、今年を次の50年に向けた飛躍の年にしたい。

https://www.jelsystem.co.jp/


【完全版】オートメーション新聞2022新年FA特集号を無料プレゼント

三菱電機やアズビル、安川電機など主要FAメーカートップ59社の2022年の見通しや、FA製造業界の主要業界団体の2022年年頭所感、2022年の機械・電機業界の見通しなどを掲載したオートメーション新聞2022新年FA特集号を無料プレゼントしています。

ご希望の方は、下の「無料お試しPDF申込み」からお申し込みください

オートメーション新聞では、新聞本紙+PDF提供による年間購読(1万9500円)を受け付けています。また無料で一部ページのみご覧いただけるお試しPDF版サービスも提供しています。この機会にぜひお申し込み下さい。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG