【FA製造業界2022トップインタビュー】新製品投入で攻めを強化 相原電機 城岡 充男 代表取締役社長

2021年4月期の売り上げは、半期で前年度比120%となっている。例年下期は売り上げが上がる傾向にあり、さらに上振れする可能性もある。納期も原材料の確保などをしっかり行っていたこともあり、きちんと管理できている。ただ、銅線、鋼板などの価格高騰は大きなコストアップになっており、21年9月に価格改定を発表し、お願いしているところだ。

22年1月8日から、トランスの新製品「ECL-Nシリーズ」の販売を開始した。従来のECLシリーズ(50VA~1.5kVA)をボビン化して、20~25%のコンパクト化を実現した。また現在、災害などで停電になった時の防災対策用としてスマートハウスの準備が進められていることに対応して、車を電源にしてハウスに電気を供給する機器用に2kVAクラスのトランスの注文が増えている。少なくとも22年中は注文が継続することが予想され、新製品の生産と合わせ、工場は残業をしながらのフル稼働の状態だ。協力工場にも生産をお願いしているところだ。

増産対応と製品開発強化へ、21年5月に本社3階の床をフラット化して、ボビン化に対応した新しい巻き線機を6台導入するとともに、本社隣接の倉庫をリニューアルした。2階に開発部門の部屋を設け、倉庫も1~3階のレイアウト変更で拡張できた。21年5月にホームページを全面リニューアルし、斬新なデザインに一新しており、当社のイメージアップにつながることを期待している。

今年の見通しは明るいと見ている。新製品の投入やスマートハウス向け需要などもあり、来期の売り上げも計画通り行けると思う。

今年で創業58周年を迎えるが、社内の「FPTプロジェクト」を中心に60周年に向けた取り組みを進めている。トランスを取り巻く環境は大きく変化しようとしているが、当社は制御用専業メーカーとしてオンリーワンを目指して、攻めの姿勢を継続していきたい。

https://www.e-aiharadenki.co.jp/


【完全版】オートメーション新聞2022新年FA特集号を無料プレゼント

三菱電機やアズビル、安川電機など主要FAメーカートップ59社の2022年の見通しや、FA製造業界の主要業界団体の2022年年頭所感、2022年の機械・電機業界の見通しなどを掲載したオートメーション新聞2022新年FA特集号を無料プレゼントしています。

ご希望の方は、下の「無料お試しPDF申込み」からお申し込みください

オートメーション新聞では、新聞本紙+PDF提供による年間購読(1万9500円)を受け付けています。また無料で一部ページのみご覧いただけるお試しPDF版サービスも提供しています。この機会にぜひお申し込み下さい。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG