【FA製造業界2022トップインタビュー】新中計で100億円へ足場 オータックス 富田 周敬 代表取締役社長兼CEO

2021年4月~24年3月までの中期3カ年経営計画「REBUILD 100」をスタートさせた。19年度に売上高99億円と100億円に肉薄したが、20年度は83億円と下がってしまった。新中計では100億円の足場を固める3年間として取り組む。22年3月期の売上高は、前年度比約10%の91億円ぐらいが見込めそうだ。海外の工場が、21年前半にコロナによるロックダウンの影響から中国、タイ、マレーシアで計画通りの生産ができなかった。

後半挽回したが、原材料の入手難と価格上昇に、人手不足も加わって受注残が増加しており、DIPスイッチは通常の5倍になっている。ボトルネック部分の生産能力を上げるために、自動機の内作を進めながら中国からタイ、マレーシア、韓国などの生産強化を進め、能力が20~30%アップしている。今後は、サプライチェーン維持のため、一部の生産を日本国内で行い、為替リスク回避、物流経費の低減を進めていく。

22年も上半期は引き続き伸びていくと思うが、原材料調達の先行き状況が見えないことから、後半スローダウンするかもしれない。海外は、現状一杯になっているタイ工場の生産キャパを上げるために2期工事を今年から開始し、端子台に加え、スイッチの生産も始める予定で、スイッチの生産を2倍に増やす。中国の工場も、将来の設備老朽化を加味しながら検査や組み立て工程でCCDカメラ、ロボットなどを活用した自動化を進める。

さらに、SDGsを考慮して生産現場の無人化を進めており、今後は生産進捗、検査データ等のIoTを活用したトレーサビリティ管理、立体工場の搬送ライン構築なども検討していく。

製品開発も競争力を高めるために手組みから自動機導入、原材料の見直しなどを進めており、ピアノタイプや超薄小型スライドのDIPや防水タイプの電源スイッチ等も発売を予定している。

https://www.otax.co.jp/


【完全版】オートメーション新聞2022新年FA特集号を無料プレゼント

三菱電機やアズビル、安川電機など主要FAメーカートップ59社の2022年の見通しや、FA製造業界の主要業界団体の2022年年頭所感、2022年の機械・電機業界の見通しなどを掲載したオートメーション新聞2022新年FA特集号を無料プレゼントしています。

ご希望の方は、下の「無料お試しPDF申込み」からお申し込みください

オートメーション新聞では、新聞本紙+PDF提供による年間購読(1万9500円)を受け付けています。また無料で一部ページのみご覧いただけるお試しPDF版サービスも提供しています。この機会にぜひお申し込み下さい。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG