【FA製造業界2022トップインタビュー】2事業のシナジーを最大化 FAプロダクツ 貴田 義和 代表取締役社長

2021年は当社にとって会社設立10周年という節目の年であり、大きなトピックスも目白押しであった。春のWEBイベント「製造業フェス」の成功に始まり、タイ拠点開設、Team Cross FA幹事企業としてシミュレーションと太陽光発電設備を中心に協力した「R&F南相馬工場」の稼働、経産省が主導する「令和3年度 革新的ロボット研究開発等基盤構築事業」への参画、ものづくり補助金(ビジネスモデル構築型)の採択などさらなる飛躍に向けた布石を着実に打てた1年だと感じている。

さらに、世界的なカーボンニュートラルを目指す動きは、「スマートファクトリー事業」「スマートエネルギー事業」の2事業を柱とする当社にとって大きな追い風となっている。特に製造業においては、CO2排出量の「可視化」なくして、カーボンニュートラルを語ることはできず、変種変量生産時代においては製品1つあたりの排出量の見える化もさらに重要度を増している。

実際に、工場や物流拠点の新設のご相談を多くいただいているが、セキュリティを担保した「カーボンフットプリント」の明示、再生可能エネルギーの供給を含めての全体最適を考慮した生産システムのご提案が、幅広い業種の顧客に受け入れていただいている。特にTeam Cross FA幹事企業・公式パートナーと連携しながら、提案だけではなく、生産システムの企画から実装までを支援させていただいている点が、今まで無かったと高い評価をいただいている。

変種変量に対応するデジタルファクトリー、人手不足に対応する革新的な自動化、SDGsの実現など、ビジョンに掲げている「コネクテッドインダストリーズを世界へ」の実現に向けては、まだまだ加速すべきテーマも多い。今年はこの2事業のシナジーを最大化し、より多くの企業と深く連携しながら、新しい時代に即した提案と実装をより加速していきたい。

https://fa-products.jp/


【完全版】オートメーション新聞2022新年FA特集号を無料プレゼント

三菱電機やアズビル、安川電機など主要FAメーカートップ59社の2022年の見通しや、FA製造業界の主要業界団体の2022年年頭所感、2022年の機械・電機業界の見通しなどを掲載したオートメーション新聞2022新年FA特集号を無料プレゼントしています。

ご希望の方は、下の「無料お試しPDF申込み」からお申し込みください

オートメーション新聞では、新聞本紙+PDF提供による年間購読(1万9500円)を受け付けています。また無料で一部ページのみご覧いただけるお試しPDF版サービスも提供しています。この機会にぜひお申し込み下さい。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG