【FA製造業界2022トップインタビュー】経験と挑戦でDXを推進 日本サポートシステム 天野 眞也 代表取締役社長

2021年は当社にとって積み重ねた装置製作の実績と、柔軟な組織の対応が実を結んだ年となった。産業用ロボットを組み込んだシステムは、単純な人件費と比較した”表面上のコスト”がネックになり、人手不足が深刻な業界でさえ導入は進んでいない。

当社は創業から31年間の製造実績1万台を超える過去実績をデータベース化、使用頻度の高い部品を共通化し、納期的・価格的なメリット提供を実現する計画を開始した。他にも製造業DXを推進する立場として最新ツールの導入だけではなく、柔軟な組織変更とT型エンジニア育成を目的としたOJTによりDX人材を社内で確保し、属人的な業務の標準化、システム化を積極的に推進している。

またオンライン対応が求められる現代だからこそ、すべてオンラインだけで完結させるのではなく、地域未来牽引企業として近隣の企業と連携した製造ラインの自動化に関するセミナーの企画や、関東地域のSIer企業との連帯強化活動を精力的に行った。

7月にModis㈱と業務提携、9月に㈱ネクスティエレクトロニクスと資本業務提携し、当社の強みである組み合わせ技術や最新技術を取り入れる姿勢を広く活かす取り組みを開始している。11月には本社所在地の茨城県に開所した「LABOLABO(ラボラボ)」が、産業用ロボットを使用した成立性検証、教育機会の提供によるエンジニア育成、部品単位での最適化支援など複数の目的を持った施設として稼働中だ。

22年には最新技術を用いたデモ機の展示を構想している。スマートファクトリー構築を一気通貫で実現するコンソーシアム「Team Cross FA」の装置製造を担う企業として、あらゆる業界のお客様との関わりで得た知見と最新技術の組み合わせにより、世界No.1のファクトリーイノベーターを目指す。

https://jss1.jp/


【完全版】オートメーション新聞2022新年FA特集号を無料プレゼント

三菱電機やアズビル、安川電機など主要FAメーカートップ59社の2022年の見通しや、FA製造業界の主要業界団体の2022年年頭所感、2022年の機械・電機業界の見通しなどを掲載したオートメーション新聞2022新年FA特集号を無料プレゼントしています。

ご希望の方は、下の「無料お試しPDF申込み」からお申し込みください

オートメーション新聞では、新聞本紙+PDF提供による年間購読(1万9500円)を受け付けています。また無料で一部ページのみご覧いただけるお試しPDF版サービスも提供しています。この機会にぜひお申し込み下さい。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG