【FA製造業界2022トップインタビュー】よりよい未来へ続く挑戦 オフィス エフエイ・コム 飯野 英城 代表取締役社長

製造業の先行きは、まだ混沌としている。人口減少や少子高齢化による労働力不足や国内市場の縮小の中、自動化・省人化ニーズは今までにない高まりを見せているにもかかわらず、コロナ禍の混乱が収まらぬうちに半導体不足も重なり、未来はなかなか見通せない。

そんな中、当社は21年も着実に歩みを重ねた。企業コンソーシアム「Team Cross FA(TXFA)」の象徴であるデジタルファクトリー「ロボコム・アンド・エフエイコム南相馬工場」のシステム設計・開発を担当し、無事6月末に開所。ショールームの「スマラボ南相馬」と合わせて数多くの見学者を迎えている。一方で複雑化、多様化、大規模化する顧客ニーズに対応するため、7、10月に組織改編を断行。業務効率化と高付加価値化の両面からデジタル化の推進を担うDX推進・業務改革室や、オーダーごとのプロジェクトマネジメントを先導するPM部の創設などで組織力の強化を図った。

22年も挑戦の姿勢は変わらない。2年に1度の世界最大級ロボット・トレードショー「国際ロボット展」(3月)では、複数の企業ブースでデモ機システムの設計・開発を担当。経済産業省の主導で進む「ロボットを導入しやすくする環境(ロボットフレンドリーな環境、ロボフレ)」づくりの取り組みには食品製造の分野で参画しており、革新的な仕組みづくりに知恵をしぼっていく。ニーズの高まりとともに案件も増えている物流倉庫関連でも、国の協議会に新設されたチームの一員として尽力するつもりだ。

当社は企業理念の中で、最高の技術を探究し、顧客の夢を実現して優れた価値を提供することで、豊かな社会の実現に貢献することをうたっている。22年も、顧客の期待を上回る製品やサービスを提供し、よりよい未来に貢献していきたい。

https://www.office-fa.com/


【完全版】オートメーション新聞2022新年FA特集号を無料プレゼント

三菱電機やアズビル、安川電機など主要FAメーカートップ59社の2022年の見通しや、FA製造業界の主要業界団体の2022年年頭所感、2022年の機械・電機業界の見通しなどを掲載したオートメーション新聞2022新年FA特集号を無料プレゼントしています。

ご希望の方は、下の「無料お試しPDF申込み」からお申し込みください

オートメーション新聞では、新聞本紙+PDF提供による年間購読(1万9500円)を受け付けています。また無料で一部ページのみご覧いただけるお試しPDF版サービスも提供しています。この機会にぜひお申し込み下さい。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG