【FA製造業界2022トップインタビュー】百年企業への礎の整備 北陽電機 尾崎 仁志 代表取締役社長

2022年3月期の売り上げは、前年度比15%アップの120億円となり、過去最高額になる見通しだ。受注も好調で、23年、24年分の受注も入ってきている。半導体業界における搬送装置の設備投資が活発で、立体倉庫やAGV、AMR向けも好調だった。コロナ禍の3密と人流回避のための人数カウントシステムも引き合いが多く、測域センサのアプリケーション拡大にも貢献してくれた。

21年からスタートしている中期経営計画では、AGV・AMR、セーフティ、屋外向けの3業界での測域センサと光データ伝送機器の導入拡大を強化している。AGV・AMRは、立体倉庫やサービスロボットが動きはじめている。配膳ロボットが飲食店で採用されるなどロボットを目にする機会が増えているのは追い風だ。屋外向けは高速道路や鉄道、建機等ですでに実績がある。測域センサのバリエーションを豊富に持っているのが当社の強みであり、建機の周囲の安全検知や、フォークリフトなど作業車両の自動運転、屋外用ロボット、ドローンなどへさらに広げていく。

21年に創業75周年を超え、100年企業に向けた礎の整備を進めている。独自システムであった生産の基幹システムを一新し、他社と同じ目線でつなげられるものを、4月に稼働を開始する。また技術部門を豊中事業所から本社に集約し、需要の増加に合わせて生産体制も再編している。パートナー企業への組み立て工程の外部委託も進め、設計・生産能力の強化と効率化を進めている。

SiLC社との次世代LiDAR開発は順調だ。Silc社は屋外利用での精度を高められる新たな要素技術を持っている。CESでも参考出品を行い、数年のうちに製品化できるよう進めていく。

新商品は、測域システムの安全コントローラ、光データ伝送装置を出す予定だ。

https://www.hokuyo-aut.co.jp/


【完全版】オートメーション新聞2022新年FA特集号を無料プレゼント

三菱電機やアズビル、安川電機など主要FAメーカートップ59社の2022年の見通しや、FA製造業界の主要業界団体の2022年年頭所感、2022年の機械・電機業界の見通しなどを掲載したオートメーション新聞2022新年FA特集号を無料プレゼントしています。

ご希望の方は、下の「無料お試しPDF申込み」からお申し込みください

オートメーション新聞では、新聞本紙+PDF提供による年間購読(1万9500円)を受け付けています。また無料で一部ページのみご覧いただけるお試しPDF版サービスも提供しています。この機会にぜひお申し込み下さい。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG