【FA製造業界2022】より「質」高い育成の年に 日本配線システム工業会 杉山会長[年頭所感]

新春を迎え、新しい年をつつがなくお迎えのこととお喜び申し上げます。

旧年中は日本配線システム工業会の活動に格別のご配慮とご指導賜り厚くお礼申し上げます。

全世界を巻き込んだ新型コロナウイルス感染症はまだまだ予断を許しませんが、日本国内はワクチン接種等の対策も進み、昨秋より国内消費に回復の兆しがうかがえるまでになりました。

当工業会と関連の深い住宅市場は、中長期的には縮小が続く厳しい状況に変化はございませんが、この2年間でもたらされた環境変化を新たなスタートと捉えることが、次世代に向けた新たな成長の原動力となることを確信しております。すでに着手しておりますIoTに対応する配線システムの検討や、100年に一度の大転換とされ急速な拡大が予見されるEV関連市場への対応、さらにはエネルギーマネジメントに対応する配線器具や住宅用分電盤の展開に、「新たな日常」というキーワードを絡めることで、関連市場の活性化に向けた工業会の取り組みを推進して参ります。

本年は当工業会の第6次中期計画の2年目の年にあたります。今回の中期計画では、5大重点活動テーマとして「①安全品質の追及活動」、「②安全・点検リニューアル活動」、「③環境対応推進活動」、「④標準化推進活動」そして「⑤新規分野開拓活動」を掲げ、「過去にとらわれない活動」を通じ、より「質」の高い成果の刈り取りに向けた育成の年となる活動を展開して参ります。

当工業会ではこれらを確実に推進していくことを通じて、業界のさらなる発展と活性化に寄与する所存です。昨年同様に皆様のご支援を賜りますようお願い申し上げます。

本年が皆様方にとりましてより良い年になりますよう、また新型コロナウイルス感染症の一日も早い終息を祈念いたしまして、年頭の挨拶とさせていただきます。

新型コロナウイルス感染症により、お亡くなりになられた方々に謹んでお悔やみ申し上げます。また罹患された方々の早々のご回復をお祈り申し上げます。

https://www.jewa.or.jp/


【完全版】オートメーション新聞2022新年FA特集号を無料プレゼント

三菱電機やアズビル、安川電機など主要FAメーカートップ59社の2022年の見通しや、FA製造業界の主要業界団体の2022年年頭所感、2022年の機械・電機業界の見通しなどを掲載したオートメーション新聞2022新年FA特集号を無料プレゼントしています。

ご希望の方は、下の「無料お試しPDF申込み」からお申し込みください

オートメーション新聞では、新聞本紙+PDF提供による年間購読(1万9500円)を受け付けています。また無料で一部ページのみご覧いただけるお試しPDF版サービスも提供しています。この機会にぜひお申し込み下さい。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG