安川電機 マシンコントローラ用CPUユニット MECHATROLINK-4対応 通信速度 更なる高速化

安川電機は、マシンコントローラMP3200シリーズ用CPUユニットとして、MECHATROLINK-4に対応した「CPU-203F」を12月7日から販売を開始した。価格はオープン。

新CPUは、4つのMECHATROLINK-4通信プロセッサを搭載したことで、従来のMECHATROLINK-Ⅲに比べて伝送効率が4倍となり、伝送周期は62.5μsに対応して制御軸数の向上を実現しており、オプションモジュールなしで最大256軸の制御が可能となる。

また、マルチコアの高速プロセッサを採用し、各コアによる処理の最適化を図ったことで、PLCのラダープログラムの実行処理性能が向上した。

さらに、ギガビットEthernetを2ポート標準装備したことで、それぞれ情報系データ処理(汎用Ethernet)と制御系データ処理(Ethernet/IP)の選択が可能になり、並列化することで高速通信を実現できる。

同社は、マシンコントローラMP3200シリーズ用CPUユニットとして、2011年10月に「CPU-201」、13年8月に「CPU-202」を市場投入。21年5月にはプログラム実行性能を向上させるとともに、ギガビットEthernetポートを複数標準装備した「CPU-203」を投入したが、今回は新世代の産業ネットワークであるMECHATROLINK-4(100Mbps)に対応した。

これにより通信速度のさらなる高速化に対応するとともに、オプションモジュールなしでの制御軸数の多局化を実現でき、同社のサーボドライブΣ-Xシリーズと組み合わせることで、装置性能を大きく向上させることが可能になる。

https://www.yaskawa.co.jp/

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG