ASPINA 本社と研究棟改新築 働きやすさ、省エネ実現

ASPINA(シナノケンシ)は、本社棟の建て替えと研究開発棟の新築を行う。

建物は鉄骨3階建て、延床総面積約1万5800平方メートル。2024年に主要スペースの利用を開始し、25年には全工事が完了する予定。

今回の計画では、働き方改革を背景に、研究者・技術者の創造性を発揮しやすい研究開発棟を目指して、ABW(Activity Based Working)の考え方を取り入れる。「どこでも働けるスタイル」実現へ、自席にこだわらずに目的に合わせて場所を選んで仕事ができる場や、コミュニケーションを図って自由に意見交換やプレゼンができる場、また、集中して考える仕事に没頭できるスペースなどを設ける。

さらに、太陽光パネルを2240平方メートル規模の新棟屋上エリアへ設置するほか、井戸水を使った熱交換システムで省エネルギー効果を図る。

https://jp.aspina-group.com/ja/

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG