オムロン 微小コード 安定検出 クラス最高精度小型リーダー

オムロンは、電子部品や小型ワークなど微小なコードも読み取れるクラス最高精度の小型コードリーダー「V440-Fシリーズ」を発売した。

同製品は、500万画素の高精度カメラによって電子部品や電子基板、小さな部品等にマーキングされた極めて微小なコードを安定検出でき、Cマウントレンズを利用可能な産業用2次元コードリーダーでクラス最高精度を実現。筐体も幅40×奥行き61×高さ30ミリメートルの小型サイズで、製造現場に簡単に組み込むことができ、PoE対応で省配線が可能となっている。また微小コードの読み取りシステムの構築には専門的で難易度の高い画像処理設定が必要だが、同製品はブラウザベースのセンサ設定(WebLink)に対応し、簡単なセットアップで立ち上げ時間を短縮できる。


同製品を利用することにより、電子機器や自動車業界で使われる微小な電子部品や基板、ワーク等にマーキングされた2次元コードを、生産設備のインラインで精度良く読み取ることが可能になり、より正確な製造物の個体管理、トレーサビリティを実現。さらには、各部品のデータと生産設備の加工データを掛け合わせた分析も可能になり、より細かく生産プロセスを解析して改善につなげることで、品質向上やタクトタイムの短縮といった「攻めのトレーサビリティ」も可能になるとしている。

同製品は2022年1月26日から東京ビッグサイトで開催されるIIFESで展示される(ブース西ホール1-01)。

https://www.omron.com/jp/ja/

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG