古河電気工業 ハイブリッドレーザ発振器 青色DDLとIRファイバレーザ組み合わせ

古河電気工業は、青色ダイレクトダイオードレーザ(青色DDL)と近赤外(IR)ファイバレーザを組み合わせた新型Blue-IRハイブリッドレーザ発振器「BRACE X(ブレイス エックス)」=写真=を2022年1月26日から発売する。

同製品は、青色レーザ出力1kW(コア径300μm)、IRレーザ出力3kW(コア径50μm)のレーザ発振器を搭載し、従来製品の青色レーザ出力150Wと比べて約7倍、IRレーザ出力1kWと比べて3倍の高出力化を実現。

日亜化学工業が新たに開発した高出力・高信頼性・高ビーム品質の青色半導体レーザ技術と、同社のファイバレーザで培った光部品の合波技術を応用し、ファイバコア径300μmで青色レーザ出力1kW、光密度1.4MW/cm2の世界トップクラスの集光性の青色DDLを搭載することで、青色レーザ出力を高出力化。厚さ2ミリメートル以上の純銅バスバーの高速結線とセグメントコンダクタ型モータの平角線結線を高品質・低熱影響下で実現でき、xEVのパワートレインで使われる銅材料に対して主要な領域をカバーすることを可能とした。

また波長465nmと1070nmの2波長を同時にかつ高速に照射・制御することが可能なガルバノスキャナ適用も可能になる。青色DDLとIRファイバレーザの単独動作もでき、IRファイバレーザ側にビームモード制御技術も適用することで、銅に加えて鉄、ステンレスアルミ、銅・アルミの異材接合などレーザ加工のマルチユースにも対応可能。

https://www.furukawa.co.jp/

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG