三誠三村新社長 コネクタハーネス強化 高付加価値製品の構築

電子部品商社の三誠(東京都文京区)は、2021年6月に足立哲雄社長が会長に就き、三村光隆副社長が代表取締役社長に就任した。三村社長は「高付加価値製品の販売構築に向けて、特にコネクタハーネスに重点をおいて取り組んでいきたい」と就任の抱負を語った。

第2物流センターも建設

同社は1960年設立で、今年61年目を迎えた。国内15カ所、海外3カ所に営業拠点を構えている。本年度は、「Reborn~新たな価値の創出」の方針のもと、顧客満足度の向上、戦略在庫の拡充、高付加価値製品の販売構築を重点に取り組んでいる。

顧客満足度の向上では、QCDに2S(スピード・サービス)をプラスした基本姿勢で対応しているが、昨今の市場を取り巻く環境は受注が大幅に先行し、納期通りの販売がしづらくなっている。「戦略在庫の拡充で、過去の受注実績を目安に売れる製品の在庫を厚くして、顧客満足度を少しでも高められるように取り組んでいきたいと考えている」(三村社長)。

その中で、他社との差別化戦略として効果を上げつつあるのがコネクタハーネスの取り組み。今年4月から「ハーネス事業部」を設け、コネクタの販売だけでなく、ハーネス加工も積極的に営業を行っている。コネクタと配線の接続、さらには基板とのアッセンブリー化は、部品の価格に作業工賃が加わることで付加価値が付き、他社との差別化と粗利の向上につながる。

三村社長は「激しい販売競争の中で、ハーネスも社内で行うことで、お客さまや取り扱いメーカーとつながりが強まる。現在、受注が異常に先行しているが、戦略的な在庫管理とハーネス加工による付加価値向上をさらに強化する。その一環として、22年2月に第2物流センターが完成する予定である」と語っている。

https://san-sei.co.jp/

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG