やはりリアル展示会も良い 2022年はリアルとオンラインの使い分けへ

先日、幕張メッセで開催していた鉄道技術展を見学してきた。昨年のゴールデンウイークあたりから新型コロナウイルスの感染が急拡大し、多くの展示会が中止に追い込まれた。それ以来、約1年半ぶりの展示会訪問。様子見も兼ねて会場を訪れたのだが、あらためてリアルな展示会の威力を感じた 。

入り口に着くと、想像以上の人出。来場を控える人が多くて閑散としているかと思ったらそんなことはなく、多くの人で賑わっていた。もちろん感染防止策として消毒や検温、マスク、必要以上の密禁止などが必須ではあったが、それ以外は全体としてコロナ禍前の雰囲気に戻っていた。出展者に手応えを聞いてもおおむね好感触のようで、来場者自身も実際の製品を見ながらじっくり話す機会を待っていて「やっぱりリアルは良いね」の声があちらこちらから聞こえてきた 。

コロナ禍でリモートワークが広がり、オンライン展示会やWEB商談、ウェビナーも数多く行われ、その利便性は素晴らしいものだと感じた。しかしあらためてリアルな展示会に行き、ブースを訪れ、製品を見て、現場で話をすると、やはりオンラインとリアル展示会とは別物であると実感した。

自分の周りの360度すべての事象が展示会であり、逃げ場のない空間はリアルならではのもの。そこでの緊張感や満足度はオンラインで受ける印象とはまったく異なる。リアルとオンライン、どちらが優れているではなく、大事なのは使い分けだ。コロナ禍、オリンピックという山場を乗り越えて迎える2022年の展示会。どんな風景が広がっているのか今から楽しみだ。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG