フエニックス・コンタクト 産業用無線LANアダプタ アンテナ外付け型登場

フエニックス・コンタクトは、産業用無線LANアダプタ「FL WLANシリーズ」に、小型化とアンテナ外付けタイプの「FL WLAN1010/2010」を追加した。

同シリーズは、アンテナと無線モジュールが一体化した産業用無線LANアダプタで、制御盤やAGV・AMR等に取り付け、電源とEthernetを接続するだけで簡単に無線通信機能を付与できるものとして発売され、その手軽さから広く採用されている。新製品として現場ごとに異なる要求仕様に対してアンテナ外付けタイプを追加し、一体型と選んで使うことで、幅広い電波環境に幅広く対応できるようになった。

アンテナ外付けタイプは、豊富な種類のオプションアンテナをそろえ、それぞれの環境に最適なアンテナを選択、設置することで、より良好な通信が実現可能。筐体も小型化し、貫通穴による壁面取り付けのほか、オプションのDINレールアダプタを使って盤内取り付けにも対応し、コンパクトな筐体で省スペース化が可能。オプションのサージ保護機能を使うことで、アンテナを屋外に設置した際の雷撃から機器を保護できる。

またIEEE規格準拠の高速ローミング機能(IEEE802.11r)、ITアプリからのモニタ制御を可能にするREST API対応、無線通信経路を自動選択するメッシュ機能(2XX0モデルで対応)なども搭載している。

NTTデータGSL

関連記事

お知らせ

工場・設備投資

人事

市況・マーケット

ページ上部へ戻る