ヤマハとクボタ、イチゴ収穫ロボットのスタートアップに追加出資

ヤマハ発動機とクボタは、米国のイチゴ収穫ロボット開発のスタートアップ「Advanced Farm Technologies社(AFT社)に追加出資した。

イチゴ収穫ロボット「TX robotic strawberry harvester」は、自動走行し、搭載されている画像センサーとAIを使って収穫適期にあるイチゴを瞬時に判別し、ロボットアームで果実を摘み取る。有人での収穫作業を大幅に省力化し、オペレーション効率を最大化できる。

今回の追加出資により、ヤマハ発動機、クボタが持つ技術を活用し、AFT社が進める露地作物・果樹分野における農業自動化ソリューションの実装を目指した技術開発、事業拡大を加速していく。

https://www.yamaha-motor.co.jp/

https://www.kubota.co.jp/

NTTデータGSL

関連記事

お知らせ

工場・設備投資

人事

市況・マーケット

ページ上部へ戻る