住友重機械工業、千葉製造所内に射出成型機の新工場 生産能力1.5倍に

住友重機械工業は、千葉市稲毛区の千葉製造所内に、射出成型機の新工場を竣工させた。建築面積は約3300㎡で、延床面積は約7600㎡で、投資金額は約50億円。国内の既存設備と合わせ、生産能力は1.5倍、生産台数は年間6000台となった。

https://www.shi.co.jp/info/2021/6kgpsq000000inq0.html

以下は住友重機械工業の発表資料から

射出成形機の新工場竣工に関するお知らせ

住友重機械工業株式会社(社長:下村 真司)は、千葉製造所内に射出成形機の新工場を7月27日に竣工しましたので以下のとおりお知らせします。

1.新工場建設の目的

千葉製造所では、主に射出成形機と油圧ショベルを製造しています。射出成形機については、ドイツなどにも生産拠点を有し、千葉がグローバルに製品を供給するプラスチック機械事業におけるマザー工場としての役割を果たしています。新工場では需要の変動が大きい当事業への対応のため、生産能力の向上に加え、省人化・自動化を向上させました。また、新工場建設にあわせて既存の工場のリレイアウトも実施し、全体として物流効率の改善も図っていく予定です。

2.新工場の概要

(1)所在地     千葉県千葉市稲毛区長沼原町731番1号(千葉製造所内)
(2)投資総額    約50億円
(3)生産能力    国内の既存設備と合わせて1.5倍(海外拠点除く)
(4)生産台数    国内の既存設備と合わせて6,000台/年(海外拠点除く)
(5)建築面積    約3,300㎡
(6)延床面積    約7,600㎡

3.射出成形機とは

射出成形機は、溶かしたプラスチックを金型に流し込み成形することで、さまざまな製品を作る装置です。当社の装置は精密かつハイサイクルな成形を得意とします。精密な成形が要求されるスマートフォン関連を中心とした電気・電子関連市場で強みがあるほか、食品容器のような薄肉品まで、難しい形状を素早く、そして効率的に成形します。

住友重機械工業㈱プラスチック機械事業部ウェブサイト

https://www.shi.co.jp/plastics/index.html

https://www.shi.co.jp/info/2021/6kgpsq000000inq0.html

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG