JUKI、2ヘッド高速マウンタ発売 従来機比1.3倍の10万CPH実現

JUKIは、 部品サイズ0.4mm×0.2mm5mm角、高さ3mmのチップ部品や小型ICなどの極小部品を、2つのヘッドでプリント基板に高速搭載できるマウンタ「RX-8」を発売した。ヘッドのノズル数を16本から20本に増やしたことで従来機に比べて1.3倍の10万CPH(1時間あたりの実装数)の高速搭載を実現。筐体サイズも従来機と変わらず、2ヘッドマウンタでは最高クラスの面積あたりの生産性となっている。

https://www.juki.co.jp/topics/9712/

↓↓以下はJUKI発表資料から↓↓

100,000CPH の高速搭載により大幅な生産性向上を実現!高速コンパクトモジュラーマウンタ「 RX-8 」を新発売

JUKIは、電子部品の高速搭載を進化させ、生産性を大幅に向上させた「高速コンパクトモジュラーマウンタRX-8」を2021年7月21日より国内外で発売します。

RX-8はプリント基板の実装工程において、部品サイズ0.4mm×0.2mm5mm角、高さ3mmのチップ部品や小型ICなどの極小部品を、2つの搭載ヘッドで高速搭載するマウンタです。
搭載ヘッドのノズル数を16本から20本(対1ヘッド)に増やし、一度に吸着できる部品数を向上させました。これにより、従来機と同等のコンパクトサイズながら、従来機比1.3倍の100,000CPHの高速搭載と2ヘッドマウンタクラス最高の面積生産性を実現しました。
また、新型搭載ヘッドP20プラネットヘッド)は、同一部品の連続搭載に最適で、LEDエッジライトを使用した照明やパネル用基板生産においても高品質な生産を実現します。

近年、市場では5G第5世代移動通信システムの本格化、AI、センシングなど最新技術の進展により、スマートフォンをはじめ、ウェアラブルデバイス、次世代自動車、サービスロボットなど様々な製品への対応が求められています。電子基板の実装現場においても、処理能力の高いマシンの導入はもとより、多様な生産品目にも柔軟に対応する実装ラインの構築、システムとの連携による工場全体でのスマート化が求められています。

RX-8は、高速スマートモジュラーマウンタ「RS-1R」と組み合わせることで、幅広い生産品目に対応する高速高品質な実装ラインの構築が可能です。また実装統合システムソフトウェア「JaNets」との連携により、稼働状況の可視化をはじめ工場全体の生産性向上に貢献します工場全体の生産性向上に貢献します。

JUKIは、これからも「JUKI Smart Solutions」をテーマに、 お客様の生産現場での課題を解決し、スマートファクトリー構築にむけ、お客様をサポートしてまいります。

*ノズル:チップ部品などを吸着・搭載するパーツのこと
*1.3 倍:従来機 75,000CPH との比較
*100,000 CPH :当社最適条件での搭載数値

特長

1.100,000 CPH の高速搭載と クラス最高の面積生産性

横幅998mmのコンパクトサイズで最高タクト100,000CPH(最適条件)を実現しました。省スペースで、 高い生産性を実現します。

2.新型搭載ヘッド(P20プラネットヘッド) で、さらなる高精度搭載を実現

新型P20プラネットヘッドは、チップや小型ICはもちろん、高い精度が求められるLEDエッジライトを使用した 照明やパネル用基板生産、ウェアラブルデバイス等の生産にも最適です。

3.柔軟なライン構築と高品質な生産

高速スマートモジュラーマウンタRS-1Rとの組合せで、柔軟なライン構築が可能で、幅広い生産品目に対応します。
また、実装の前後工程機器や印刷機、検査機を含めた自社フルラインナップ製品との連結により、高速、高品質な生産を実現します。

4.工場全体の生産管理・生産性向上をサポート

実装統合システムソフトウェア「JaNets」を使用することにより、実装ラインでの生産管理をはじめ、基幹システムとも連携が可能です。実装現場の生産進捗や設備稼働状態、エラーなどを見える化し、対応の迅速化、生産ラインの最適稼働をサポートします。

発売日

2021年7月21日

◆希望小売価格【国内】(消費税抜き)

高速コンパクトモジュラーマウンタ(固定バンク仕様)RX-822,447,000円

https://www.juki.co.jp/topics/9712/

関連記事

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

工場・設備投資

人事

市況・マーケット

Our Partners

ページ上部へ戻る