安川電機 塗装用ロボットで新製品 壁掛け設置でスペース性と作業性向上 防爆仕様で安全性向上

安川電機は、自動車工場の塗装ブース内で塗装ロボットと協調しながらエンジンフードなどの開閉を行う塗装用途オープナーロボット 「MOTOMANMPO40」(可搬質量40㎏、最大リーチ4550㎜)を7月15日から販売開始した。価格はオープン。

 新製品は、ロボットの壁掛設置方式を採用して塗装ブース側面、または上方へのロボット設置を可能にしたことで、塗装ロボットの近くで動作しつつ、塗装ロボットの作業領域に入らないことで、作業効率の向上と高密度配置を実現した。これらにより、塗装ブースのコンパクト化やラインの短縮が可能で、ランニングコストの低減と環境性向上につながる。

また、最大リーチ4550㎜により、自動車ボディー前後にあるエンジンフードからテールゲートまでのアクセスが可能なほか、ライン上にとどまっている、あるいはライン上を移動している自 動車ボディーに対して走行機構なしで開閉動作を行うことができる。

さらに、上下ストローク2000㎜以上を確保しており、テールゲートの開口可動域が広い自動車ボディーであっても、高い位置までテールゲートを引き上げることで内側の塗装が容易。

そのほか、塗装ブース内での爆発事故防止するために、日本国内での防爆仕様の認証を取得しており、今後は欧州、米国、アジア等の海外防爆仕様の認証取得を行っていく予定。

https://www.yaskawa.co.jp/

関連記事

お知らせ

登録されているお知らせはございません。

工場・設備投資

人事

市況・マーケット

Our Partners

ページ上部へ戻る