安川電機 塗装用ロボットで新製品 壁掛け設置でスペース性と作業性向上 防爆仕様で安全性向上

安川電機は、自動車工場の塗装ブース内で塗装ロボットと協調しながらエンジンフードなどの開閉を行う塗装用途オープナーロボット 「MOTOMANMPO40」(可搬質量40㎏、最大リーチ4550㎜)を7月15日から販売開始した。価格はオープン。

 新製品は、ロボットの壁掛設置方式を採用して塗装ブース側面、または上方へのロボット設置を可能にしたことで、塗装ロボットの近くで動作しつつ、塗装ロボットの作業領域に入らないことで、作業効率の向上と高密度配置を実現した。これらにより、塗装ブースのコンパクト化やラインの短縮が可能で、ランニングコストの低減と環境性向上につながる。

また、最大リーチ4550㎜により、自動車ボディー前後にあるエンジンフードからテールゲートまでのアクセスが可能なほか、ライン上にとどまっている、あるいはライン上を移動している自 動車ボディーに対して走行機構なしで開閉動作を行うことができる。

さらに、上下ストローク2000㎜以上を確保しており、テールゲートの開口可動域が広い自動車ボディーであっても、高い位置までテールゲートを引き上げることで内側の塗装が容易。

そのほか、塗装ブース内での爆発事故防止するために、日本国内での防爆仕様の認証を取得しており、今後は欧州、米国、アジア等の海外防爆仕様の認証取得を行っていく予定。

https://www.yaskawa.co.jp/

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG