灯台0804

「為せばなる 為さねばならぬ 何事も」これを発したのは江戸時代の米沢藩主だった上杉鷹山と言われる。

何事も一心に身を入れてやれば成し遂げられるという意味だが、迷った時や悩んだ時に口に出して反芻していると、なぜかやる気が出てくる言葉だ

DXやIoTもだいぶ浸透してきて、取り組み始めたという企業も多い。IoTプラットフォームや基幹システムの入れ替えのようなものから、現場の業務改善のようなものまで大小さまざまだ。

結果はすぐに出るものではなく効果はこれからだが、実施計画を立て、必要なものを選定し、作業や業務に落とし込み、実行する。これをやった経験だけでも十分な成果で、次につながる第一歩となる

やるやらないの決断は難しい。しかしやらなかったら次のチャンスはいつになるか分からない。永遠に失われる可能性も十分にありうる。チャンスがあるなら拾いに行こう。やりたいことがあるならやろう。

新しい時代の日本の製造業は、これまで作り上げた土台を強固にしつつ、一方では前のめりでチャレンジング、ワクワクさせるような取り組みを進めていく。先人が築いた資産があるからこそできること。今を生きる人間は、過去を守るためにいるのではなく、未来を作るためにある。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG