三菱重工工作機械、金属3Dプリンターの造形サービスを拡大

三菱重工工作機械は、レーザー金属積層造形技術を用いた金属3Dプリンターの試作や受託生産など造形サービスを拡大する。

従来の大型造形物向けデポジション(DED)方式の金属3Dプリンターに加え、新たに小型造形物向けバインダージェット(BJT)方式の金属3Dプリンターをサービスラインアップに追加し、1mmサイズの小型部品から1mを超える超大型部品まで幅広い造形物の製作に対応する。

https://www.mhi-machinetool.com/

ANSYS

関連記事

お知らせ

工場・設備投資

人事

市況・マーケット

Our Partners

ページ上部へ戻る