NTTドコモ、クラウド型遠隔作業支援ソリューション発売開始

NTTドコモは、エヌ・ティ・ティ・ビズリンク(以下ビズリンク)が提供するマルチデバイスに対応したクラウド型遠隔作業支援ソリューション「Smart Glass Cloud」を、5Gソリューションとして発売開始した。

同ソリューションは、作業現場と遠隔支援者を映像でつなぎ、遠隔での現場作業支援、現場作業映像の録画、ハンズフリーでの作業者とのコミュニケーションなどを実現するサービス。

現場作業者はARスマートグラス、スマートフォン、タブレットなどを通じて、現場の映像や音声を遠隔支援者にリアルタイムに伝送。支援者は作業者が必要とするマニュアルや、作業指示を書いた現場画像などをマルチデバイス上に表示させることができる。また多拠点連携にも対応し、一人の熟練者による複数現場支援や複数人の熟練者からの同時作業支援が可能。アプリケーションは英語にも対応し、幅広い現場作業者に対して使うことができる。

利用シーンは、製造業の製品の保守メンテナンス業務や、情報通信・ITおよび電気・ガスなどのインフラ業や建設業における設備点検業務など。熟練者から新人への技術伝承や、工場・拠点での外国人労働者向け技術指導などを効率的に行えるほか、現場派遣稼働の削減に伴う生産性向上、故障や障害復旧の迅速化によるサービス品質の維持・向上などの効果が期待できる。

https://www.nttdocomo.co.jp/

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG