YKK AP、埼玉工場でライン増設。スマートファクトリー化で生産能力1.4倍に

YKK APは、樹脂窓シリーズの首都圏販売が好調なことを受け、埼玉県久喜市の埼玉工場に新生産ラインを増設する。新ラインでは、樹脂フレームの切断加工、溶着・部品付工程、更にライン内搬送を自動化して高効率な生産を実現し、生産能力を1.4倍まで向上させている。

以下YKK APリリース

「埼玉窓工場」新ライン増設、生産能力1.4倍

 YKK AP株式会社(本社:東京都千代田区、社長:堀 秀充)は、2021年7月で操業10年を迎えるYKK AP「埼玉窓工場」(埼玉県久喜市菖蒲町台)で、首都圏の樹脂窓需要増加に対応するため、新ラインを増設します。

 新ラインでは、主力商品の高断熱樹脂窓「APW 330」を生産します。自社製の独自の生産設備により、樹脂フレームの切断加工、溶着・部品付工程、更にライン内搬送を自動化した高効率な生産を行います。同工場内では断熱性能に優れた窓ガラス「Low-E複層ガラス」や防火/準防火地域で使用される「耐熱強化ガラス」の製造も行っています。「APW 330」生産ラインでは、家一棟単位での生産を行っており、首都圏を中心とした関東エリアの住宅建築現場にタイムリーに窓を供給しています。

 YKK APは、今年度スタートした第6次中期経営計画で「モノづくり改革の実現」を事業方針に掲げ、技術力強化やスマートファクトリー化によるモノづくり改革に取り組んでいます。今回増設する新ラインにより、省人化と高効率化を実現することで、埼玉窓工場の樹脂窓生産能力を従来の1.4倍に向上させます。この設備投資金額は約13億円となります。

■埼玉窓工場について

 埼玉窓工場は、当社初の“窓”の製造供給拠点として2011年7月に操業を開始しました。当社の窓の中核工場と位置づけており、ここで生産する樹脂窓は、断熱性能に優れ、健康で快適な生活環境を提供し、持続可能な社会へ貢献します。商品ラインアップの強化や提案・普及活動により、供給エリアである、首都圏での「APW」樹脂窓シリーズの販売窓数は、操業時の2011年と比較して約13倍に拡大しています。また、埼玉窓工場は、操業開始から2021年7月までの総生産窓数は約330万窓となりました。

【参考】埼玉窓工場の概要

操業開始2011年7月
所在地埼玉県久喜市菖蒲町台(菖蒲南部産業団地)
敷地面積86,716㎡
従業員数441名(2021年4月1日現在)
工場長木田 秀隆

https://www.ykkap.co.jp/company/info/news/20210709

関連記事

Our Partners

工場・設備投資

人事

市況・マーケット

Our Partners

ページ上部へ戻る