YKK AP、埼玉工場でライン増設。スマートファクトリー化で生産能力1.4倍に

YKK APは、樹脂窓シリーズの首都圏販売が好調なことを受け、埼玉県久喜市の埼玉工場に新生産ラインを増設する。新ラインでは、樹脂フレームの切断加工、溶着・部品付工程、更にライン内搬送を自動化して高効率な生産を実現し、生産能力を1.4倍まで向上させている。

以下YKK APリリース

「埼玉窓工場」新ライン増設、生産能力1.4倍

 YKK AP株式会社(本社:東京都千代田区、社長:堀 秀充)は、2021年7月で操業10年を迎えるYKK AP「埼玉窓工場」(埼玉県久喜市菖蒲町台)で、首都圏の樹脂窓需要増加に対応するため、新ラインを増設します。

 新ラインでは、主力商品の高断熱樹脂窓「APW 330」を生産します。自社製の独自の生産設備により、樹脂フレームの切断加工、溶着・部品付工程、更にライン内搬送を自動化した高効率な生産を行います。同工場内では断熱性能に優れた窓ガラス「Low-E複層ガラス」や防火/準防火地域で使用される「耐熱強化ガラス」の製造も行っています。「APW 330」生産ラインでは、家一棟単位での生産を行っており、首都圏を中心とした関東エリアの住宅建築現場にタイムリーに窓を供給しています。

 YKK APは、今年度スタートした第6次中期経営計画で「モノづくり改革の実現」を事業方針に掲げ、技術力強化やスマートファクトリー化によるモノづくり改革に取り組んでいます。今回増設する新ラインにより、省人化と高効率化を実現することで、埼玉窓工場の樹脂窓生産能力を従来の1.4倍に向上させます。この設備投資金額は約13億円となります。

■埼玉窓工場について

 埼玉窓工場は、当社初の“窓”の製造供給拠点として2011年7月に操業を開始しました。当社の窓の中核工場と位置づけており、ここで生産する樹脂窓は、断熱性能に優れ、健康で快適な生活環境を提供し、持続可能な社会へ貢献します。商品ラインアップの強化や提案・普及活動により、供給エリアである、首都圏での「APW」樹脂窓シリーズの販売窓数は、操業時の2011年と比較して約13倍に拡大しています。また、埼玉窓工場は、操業開始から2021年7月までの総生産窓数は約330万窓となりました。

【参考】埼玉窓工場の概要

操業開始2011年7月
所在地埼玉県久喜市菖蒲町台(菖蒲南部産業団地)
敷地面積86,716㎡
従業員数441名(2021年4月1日現在)
工場長木田 秀隆

https://www.ykkap.co.jp/company/info/news/20210709

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG