キヤノンMJ、業務バーコード化アプリパック 必要な要素をワンパッケージ化

キヤノンマーケティングジャパンは、業務専用端末と業務特化型アプリケーション、ハードウェア・ソフトウェアの保守・サービスをパッケージで提供する「業務バーコード化アプリパック」を発売する。


ペーパーレス化にはハンディターミナル等の業務端末を活用したシステムが有効だが、アプリケーション開発が必要とされ、中小製造業ではIT人材の不足やコスト面等で難しい状況だった。それに対し同製品は、業務専用端末と個別の業務に特化したアプリケーション、5年間の保守・サービスまで必要な要素をすべてワンパッケージで提供。アプリケーション開発することなくバーコードを活用した業務をすぐに導入が可能。

物品管理や照合、棚卸業務でバーコード利用を推し進め、人間の目と手作業で実施していた業務をデジタル化することで、各種業務の効率性と精度の向上が可能。取り込んだデータはCSV形式で保存でき、各種業務システムと連携ができる。

物品管理、2点照合、棚卸しのスタートパックを提供し、価格はそれぞれ24万円

https://canon.jp/corporate/profile

関連記事

Our Partners

工場・設備投資

人事

市況・マーケット

Our Partners

ページ上部へ戻る