フエニックス・コンタクト、CC-Link用バスカプラ発売開始 小型高密度I/Oシステムを構築可能に

フエニックス・コンタクトは、韓国の高性能I/O機器、マシンビジョンカメラメーカーのCREVIS社と共同開発した「Axioline Smart Elements用CC-Linkバスカプラ」を日本で発売開始した。

Axioline Smart Elementsは、フエニックス・コンタクト製の高密度I/Oシステム。デジタル入出力など16種類のエレメントから自由に組み合わせてバックプレーンのスロットに挿し込むだけでI/O局が完成し、15mm幅に最大32点までのI/O信号を接続できる。

同製品はAxiolineシリーズ用のCC-Linkバスカプラで、Axioline Smart Elementsとの組み合わせで、4スロットの場合幅85mm、16スロットの場合幅195mmの省スペースでI/Oシステムを構築できる。
これによりプラグ式の高密度I/O「Axioline Smart Elements」がCC-Linkで使えるようになり、I/Oシステム全体のサイズが大幅に削減され、制御盤内の省スペース化が可能になる。

http://www.phoenixcontact.co.jp/cc-link_bus_coupler

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG