ASPINA、自律走行搬送ロボット(AMR)試験販売 製造現場の搬送の自動化へ

ASPINA(シナノケンシ)は、製造現場向けの自律搬送ロボット(AMR)「ASPINA AMR」を開発し、6月から試験販売を開始した。
同製品は、自己位置推定と環境地図作成を同時に行うSLAM機能を搭載し、工場内地図は実際の走行場所を走らせるだけで自動作成が可能。既存ラインへの導入も簡単で準備が短時間で行うことができる。ガイドが不要な自律走行のため、工場レイアウト変更やライン新設にも簡単に対応でき、タブレット画面の地図上で搬送先を指示するだけなので、現場での操作性にも優れている。

最小回転径が700mmと小さく、360°スピンターンができ、狭い通路や限られた場所でも小回りが利き自在に動くことができる。自動ドアの認識等、現場設備に合わせた走行も可能で、自社ラインに最適な形で搬送の自動化を実現している。

進行方向に障害物を検知するとすぐに停止するため、人との協働も可能。停止したあとは状況を確認してから、自動復帰し回避行動をとる。地図にない障害物がある場合は、目的地までの別経路を自動で再探索する。
最大積載重量は100kgで、最大速度は2.8km/h。連続動作時間は12時間以上。
6月から10台限定で試験販売を行い、受注生産として使用環境や条件等打ち合わせの上、製造リードタイムをとった後に工場に納品する。費用は試験販売特別価格の予定。

https://jp.aspina-group.com/ja/

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG