ASPINA、自律走行搬送ロボット(AMR)試験販売 製造現場の搬送の自動化へ

ASPINA(シナノケンシ)は、製造現場向けの自律搬送ロボット(AMR)「ASPINA AMR」を開発し、6月から試験販売を開始した。
同製品は、自己位置推定と環境地図作成を同時に行うSLAM機能を搭載し、工場内地図は実際の走行場所を走らせるだけで自動作成が可能。既存ラインへの導入も簡単で準備が短時間で行うことができる。ガイドが不要な自律走行のため、工場レイアウト変更やライン新設にも簡単に対応でき、タブレット画面の地図上で搬送先を指示するだけなので、現場での操作性にも優れている。

最小回転径が700mmと小さく、360°スピンターンができ、狭い通路や限られた場所でも小回りが利き自在に動くことができる。自動ドアの認識等、現場設備に合わせた走行も可能で、自社ラインに最適な形で搬送の自動化を実現している。

進行方向に障害物を検知するとすぐに停止するため、人との協働も可能。停止したあとは状況を確認してから、自動復帰し回避行動をとる。地図にない障害物がある場合は、目的地までの別経路を自動で再探索する。
最大積載重量は100kgで、最大速度は2.8km/h。連続動作時間は12時間以上。
6月から10台限定で試験販売を行い、受注生産として使用環境や条件等打ち合わせの上、製造リードタイムをとった後に工場に納品する。費用は試験販売特別価格の予定。

https://jp.aspina-group.com/ja/

NTTデータGSL

関連記事

お知らせ

工場・設備投資

人事

市況・マーケット

ページ上部へ戻る