テックマジックとフジマック、食器自動仕分けロボット実証実験

TechMagic(東京都江東区)とフジマック(東京都港区)は、共同開発した食器自動仕分けロボット「finibo」の実証実験をANAケータリングサービス羽田工場で開始した。

ANAC羽田工場では、従来コンベア型食器洗浄機が用いており、洗浄機から出てくる食器を仕分けてコンテナに収める作業に1~2人の作業者が関わり、作業者の負担軽減とコストの削減が課題となっていた。

それに対し実証実験では、コンベア洗浄機とロボットアームを組み合わせ、食器の仕分けと収納のような繰り返し作業をロボットが担うことで、食器の取り出し工程を自動化し、作業者の負荷軽減と効率的な人員の配置の可能性を検証。

ロボットシステムは両社の共同開発によるもので、複数のカメラで食器の位置と姿勢を画像認識する6次元コンベアトラッキング技術を搭載し、2台のロボットで食器整理を完全自動化する。また同工場用仕様として、レイアウトは門型架台で少接地面積に対応し、丸・四角形食器、陶器に加え、白色・黒色食器にも対応。

高確度な分類を可能にした。サイクルスピードは、ピッキングロボットが最速4秒/枚、収納ロボットが5秒/枚。食器手前で安全に減速することで、陶器食器への負荷を軽減。制御盤から簡単に動作指示が可能となり、操作性を向上させている。

https://techmagic.co.jp/

https://www.fujimak.co.jp/

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG