ヤマハ発動機、高速・高精度の3Dハイブリッド光学外観検査装置「YRi-V」発売

ヤマハ発動機は、高速・高精度を両立させたハイエンドクラスの電子部品実装工場向け3Dハイブリッド光学外観検査装置「YRi-V」を7月1日から発売する。

同製品は、2次元検査、3次元検査、4方向アングル画像検査を1台に搭載したベストセラー機種となる3Dハイブリッド光学外観検査装置「YSi-V」の上位機種として開発。

新開発の検査ヘッドに新たに0201サイズ極小チップ部品に対応する5μm分解能のレンズを追加し、照明も一新して輝度を上げ、フレームレートを高めた業界最速の高速・高解像度のカメラを搭載。高性能GPUで画像処理能力も高速化し、従来機比で7μm時約2倍、12μm時約1.6倍の高速化を実現した。

3Dプロジェクタも刷新し、計測精度と計測レンジが従来機比2倍に向上。最大高さ25mmまで高精度に計測が可能となった。5μmレンズと8方向の3Dプロジェクタの組み合わせで、0201サイズの極小チップ部品や狭隣接部品も高精度な3D検査が可能となった。

検査ヘッドに同軸照明を導入し、鏡面部品の傷・割れ・欠け検出の対応を強化。対応基板幅も拡大した。

検査データ作成やデータチューニングをスキルレスで行うサポート機能も充実させ、データ変換時はCAD/CAM/YGXから検査データへ一発で変換可能。データ作成時はオフラインでのデータ作成や3Dプロジェクタ投影条件の個別設定、生基板画像からのスルーホールデータ自動作成なども可能になっている。

データチューニングでは検査枠レス化(自動計算)、照明パラメータ自動化、部品ズレ量を正確に追従する自動位置補正により、データチューニング時間を半減。AIディープラーニングで最適な部品ライブラリを自動セットするほか、部品ライブラリ新規作成の自動化や目視二次判定のサポートなど自動化機能を強化している。

https://www.yamaha-motor.co.jp/robot/

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG