LAPP「マルチケーブルエントリシステム」 丸型をリリース

2021年2月20日

 LAPPは、Mネジ接続用のマルチケーブルエントリシステムに丸型の「SKINTOP MULTI-M」を発売した。

 同製品は同社特許のゲル技術で作られており、ケーブルを弾性ゲルインサートに挿入するだけでケーブルとの静止摩擦で固定する。水などの異物等、保護等級(IP66/67/68)もしっかり確保する。角型に加えて丸型を開発し、サイズによってはスペースを取らずにケーブルなどを最大30本まで筐体に挿入できる。ケーブル挿入口の円錐上ステップインサートによって異なるケーブル外径でも、φ1~4㎜、φ2~φ6㎜と2パターンのケーブルを挿入可能となっている。ケーブル配線用に事前の穴あけ作業などがいらず、作業工程を削減することも可能。

 またIP68保護等級に準拠し、ゲルインサートとポリカーボネートフレームで構成されている。北米市場向けのUL認証は、産業制御システム(制御盤など)向けにU50、UL50E、CSA C22.2およびUL508A規格に準拠している。