シーイーシー×ZMP バース管理と物流支援ロボ連携。入出庫、搬送を自動化

シーイーシー(東京都渋谷区)とZMP(東京都文京区)は、バース管理システムと物流支援ロボットのCarriRoシリーズを連携した新サービスの開発で協業する。

従来、バース管理システムと物流搬送システムは別々に運用されており、トラックのバース(積み下ろしを行うスペース)到着位置や入出庫荷物の確認、物流ロボットへの指示は人手で対応する必要があった。そこで両社は、シーイーシーのバース管理システムとZMPの搬送ロボットをシームレスに連携させ、人手を介さずに入荷・入庫から出荷まで物流現場の効率化実現に向け、開発を進める。

主なサービス連携は、トラックのバース到着を検知し、無人フォークリフトに対してバース位置や荷下ろし情報を送信、無人フォークリフトが自動でトラックから商品を下ろし、台車型搬送ロボットに積み替え。台車型搬送ロボットは倉庫・工場内の格納エリアに荷物を自動で搬送する。出庫時は、出荷予定時刻に対象の荷物を台車型搬送ロボットがバースまで搬送し、無人フォークリフトが自動でトラックに荷物を積み込むというもの。

台車型搬送ロボットとの連携から着手し、2021年4月頃の提供を予定。CarriRoイノベーションセンター(東京都江東区)での実証や見学会も随時予定している。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG