東京ロボティクス 軽量3次元カメラ、アームの手先に搭載可

奥行き計測誤差わずか

東京ロボティクス(東京都新宿区)は、ロボットアームの手先に搭載できる手のひらサイズの3次元カメラTorobo Eye(トロボアイ)「SL40」を開発し、1月15日から注文受付を開始した。2月下旬からの出荷を見込んでいる。

同カメラは、あらかじめ設計されたパターンを照射してそのゆがみを検出することで奥行きを計測するStructured Light方式(アクティブステレオ方式)を用いた3次元カメラ。カメラヘッドが460gと軽量でコンパクトサイズのため、取り付けの自由度が高く、省スペースの検査・生産ラインの構築が可能。協働ロボットや移動マニピュレータにおいてはロボットと共に移動でき、より機動性の高いシステムが構築できる。

10フレーム/秒と速く、奥行き計測のバラツキ誤差は0.06mm、奥行き画像とカラー画像の同軸撮影により、ズレが生じずAI連携が容易となっている。

利用シーンは、協働ロボットの手先や双腕ロボットの頭部に同カメラを取り付け、各種AI技術とを連携させたバラ積みピッキングや組み立て、外観検査、形状測定などを想定。

カメラヘッド(左)とカメラコントローラ(右)

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG