【各社トップが語る2021】因幡電機産業「総合力の強みを活かす」堀家一美 産機カンパニー長

因幡電機産業 堀家一美 産機カンパニー長

 

2020年度は新型コロナウイルス感染症拡大に伴い、企業活動が抑制されたこともあり厳しい状況が続いた。現在も前年並まで戻っていないが、下期になり徐々に市場の回復が感じられる。

FA業界は設備投資の先送りや抑制により冷え込んだ。裾野の広い自動車関連や電子デバイス・機器関連で影響を受けた。一方で、半導体関連は20年はじめから成長が見られ、来期に向けた大きな需要も見えてきている。機械関連も輸出向けで回復基調だ。

ロボット関連は、設備投資抑制の影響でお客様は導入に慎重になっている。それでも自動化や省人化への需要は底堅くロボットへの関心は引き続き高く、これからに期待したい。

コロナ対策として密を避けるため、20年10月には本社内にあった産機カンパニーを谷町に移転し、併せて「ロボットセンターOSAKA」も同ビル内にリニューアルオープンした。従来の協働ロボットの展示に加えて、見える化機器や遠隔監視システム、オリジナル商材の展示を増やし、製造現場の自動化・省人化・IoT化をトータルで提案できる環境を整えた。実際にご来場いただくだけでなく、Web上で見学できるバーチャル展示やオンラインで商談・ワークテストもできる仕組みも準備中だ。

21年は、ロボットを中心に、IoT商材も組み合わせたトータルソリューションの展開を強化していく。これまで個々に提案・活動していた組織を統合し、複合的な提案を行うことで、当社の強みである総合力を活かしていきたい。産機カンパニーだけでなく、電設、電材、電工の各カンパニーも含めて色々な提案ができたらと考えている。

また展示即売会「ジャンボびっくり見本市」は、4月9・10日にインテックス大阪で開催する。バーチャル展示とリアル展示の両方での実施を予定している。

関連記事

Our Partners

工場・設備投資

人事

市況・マーケット

Our Partners

ページ上部へ戻る