コンテック 産業用エッジAIコンピュータ、現場情報を上位に相互接続

コンテックは、NVIDIA Jetson Nanoを搭載した産業用エッジAIコンピュータ「DX-U1100」を開発、2月1日から受注を開始する。

新製品は、画像検査や予兆保全など現場でのAI推論処理を必要とする分野に適用する、実用性を重視した汎用の産業用エッジAIコンピュータ。2つのGigabit LANポートを搭載し、カメラからの映像取得と上位情報系ネットワークといった異なるネットワーク階層を相互接続するエッジコンピューティングに適している。

HDMI、USB×2、汎用I/O、RTC(リアルタイム/カレンダクロック)を搭載。L字取付け金具(標準添付)により、壁面やVESA(100ミリメートル)マウント対応の液晶ディスプレイの背面に設置でき、DINレールアダプタ(標準添付)によってDINレールにも取付け可能。−20℃〜+60℃の周囲温度環境に対応しており、柔軟な設置性と耐環境性を実現する。

ソフトウエア環境は、Jetson開発者キットと同様にUbuntuをプレインストール、NVIDIA JetPack SDKが利用可能で、開発者キットで作成したアプリケーションが実行できる。

PCI Expressスロットモデルは、アナログ入力やシリアル通信ボードなど、同社のLow Profile PCI Expressボードによる機能拡張が可能。

DX-U1100-2E0211

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG