【各社トップが語る2021】FAプロダクツ「グローバル戦略を推進」貴田義和 代表取締役社長

FAプロダクツ 貴田義和 代表取締役社長

 

当社は製造業のDXから生産ラインの開発・実装までを包括的に支援するコンソーシアム「Team Cross FA(TXFA)」の幹事企業として、各種シミュレーション技術を持つ強みを活かし、DXが主導する次世代スマートファクトリー構築の全体プロデュースを行い、コンソーシアム活動を牽引している。

昨年は、製造業のDXと生産ロボットシステムの連動を体感できるショールーム「スマラボ東京」開設が大きなトピックスだ。オープン以降、製造業に限らず官公庁、自治体、企業など、さまざまな分野のイノベーターにお越しいただいている。また、官公庁との連携も進んだ。経済産業省がとりまとめる「ロボットシステム等導入のための主要支援機関リスト」への掲載や同省が選定する「地域未来牽引企業」にも採択され、これらはTXFAの幹事企業も複数社が名を連ねている。そのTXFAの活動として、教育機関への出張講座やYouTubeチャンネルの開設、コミュニティ運営など、製造業やロボットSIerの魅力を発信する取り組みも始めた。これらの成果もあり、講演依頼や新設工場におけるスマートファクトリー構築の問い合せが増えている。

今年は会社設立10周年を迎え、「コネクテッドインダストリーズを世界へ」の実現に向けて事業拡大の速度をさらに上げていく。具体的には、グローバル戦略としてタイに拠点を開設し、海外人材の採用・育成を強化する。また、スマートエネルギー事業では昨年スタートしたP2P電力取引実証プロジェクトを通じて、再生エネルギーの次世代活用プラットフォーム構築を目指していく。コロナ禍で環境・市場の変化に柔軟に対応する重要性が再確認されている中で、次世代エネルギーマネジメントを含めたスマートファクトリー構築で製造業をアップデートし、新しい産業・文化を創りたい。

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG