NTTデータGSL

【各社トップが語る2021】シーメンス「日本製造業のDXを牽引」堀田邦彦 代表取締役社長兼CEO

シーメンス 堀田邦彦 代表取締役社長兼CEO

 

2020年はソフトウエア・ハードウエアともに二桁成長で絶好調だった。お客様は先進的プロジェクトへの投資に積極的で、PLMとERPの連携など手を緩めることなく投資を継続している。また長くソリューションを利用していきたいというお客様も多く、長期のサブスクリプション契約に転換するケースも複数あった。

リモートワークになり、お客様へはオンラインでの説明やデモが主となったが、逆にオンラインの方が分かりやすく、複数人が同時参加できるなどの良い反応が多かった。今はそれをさらに進め、抱えている課題やソリューションをクリックすると画面上でデモがはじまるようなAutomated Selling、自動営業の仕組みも始めている。

近年、事業領域によってシーメンスとシーメンス・エナジー、Siemens Healthineersの3社に分かれ、シーメンスは産業とインフラ、モビリティのDX実現を支援する会社となった。DX実現に必要なポートフォリオ、ハードウエアとソフトウエア、プラットフォームなどがすべて揃っているのは世界でも当社だけだ。全バリューチェーンを通じたデジタルツインの水平統合ができ、生産現場からクラウドまでの垂直統合、データと機能を統合するITとOTの融合も可能であり、その強みを活かしていく。特にハードウエアはポテンシャルがあり、ソフトウエアとの組み合わせでエンドツーエンドの提案をすることでシナジーが効いてくるだろう。

日本の製造業のDXは世界的に見ても進んでいる企業とそうでない企業に分かれる。21年は、先進的な企業に対しては先端技術を提供してさらにDXの加速を、そうでない企業、特に中小製造業向けにはパッケージ化したソリューションを通じてDXの早期立ち上げを支援する。

関連記事

CALEXテクノロジー放射温度計

ページ上部へ戻る