【各社トップが語る2021】北陽電機「次のステージへの取り組み」尾崎仁志 代表取締役社長

北陽電機 尾崎仁志 代表取締役社長

 

2021年3月期の売り上げは、新型コロナの影響下であるが、前期比7%増の100億円台を確保できそうだ。19年度に108億円と過去最高の売り上げとなったが、前期は93億円に減少していた。中期5カ年計画の最終の今年度を社員の頑張りもあり、当初目標通りの数値で終ることができそうだ。今期は売り上げの波が大きく、昨年10月頃から半導体製造装置関係が良く伸びてきている。またコロナ禍の中で、展示会場やテーマパーク用の人数カウントシステムが、密防止対策のためにホテルなどで採用が増えた。
 
21年4月からは新たな経営計画をスタートさせる。3年目と5年目の2ステップで考えており、初年度は売り上げを過去最高に戻すとともに、さらなる売上拡大を目指すための仕掛けづくりを進める。ここまで測域センサが業績を牽引してくれたが、競争も激しくなっており、価格競争に巻き込まれない当社らしいセンサの開発で違うステージを目指したい。同時に、いままでとは違うモノの作り方に変えていくことも盛り込む。現在輸出比率は約30%であるが、今後の海外展開やBCP(事業継続計画)を考えると、海外での生産も検討していく必要がある。
 
自社開発であった社内の基幹システムを、他社と同じ目線で繋げられるように昨年から新基幹システムの構築を始めている。22年の稼働で進めている。

昨年はコロナで展示会出展が皆無であったが、ユーチューブ配信やアンケート実施など、試行錯誤しながら対面営業できない状況を補った。

昨年は屋外用測域センサを新発売したが、今年は4月にセーフティセンサの新製品発売を予定している。

今年の景気は昨年よりは良くなるだろう。センシングは注目される業界であるが、油断することなく100年企業を目指すためにしっかりマーケティング活動をしていきたい。

関連記事

Our Partners

工場・設備投資

人事

市況・マーケット

Our Partners

ページ上部へ戻る