パナソニック 小型低速ロボ、住宅街向け配送実証

パナソニックは、小型低速ロボットを使った住宅街向け配送サービスの実証実験を、神奈川県藤沢市のFujisawaサスティナブル・スマートタウンで実施する。11月25日~12月24日は公道での走行実証を、2021年2月~3月は配送サービス実証を行う予定。

現在、拡大を続けるEコマースや、フードデリバリーなどの新たな宅配サービスの出現により、宅配員不足や非対面・非接触といった新しい生活様式への対応が急務となっている。

今回、同社がこれまで開発してきた自律走行ロボットや自社構内でのライドシェアサービスでのノウハウを生かし、街の人々と対話しながら新たな配送サービスの実現に向けて実施する。

フェーズ1となる公道走行実証では、管制センターと自動走行ロボットを公衆インターネット網で接続し、管制センターのオペレーターがロボット周囲の状況を常時監視。ロボットは障害物を回避しながら自律走行して、自動回避が困難な場合には遠隔操作に切り替えて走行する。

フェーズ2の配送サービス実証では、スマートフォンのアプリを用いた非対面での荷物・商品の受け渡しや、ロボットと遠隔管制センター間での対話機能によるコミュニケーションなどを行う予定。

小型ロボによる配送サービス実証実験

関連記事

Our Partners

工場・設備投資

人事

市況・マーケット

Our Partners

ページ上部へ戻る