ヤマハ・単軸ロボ「Robonity」に新シリーズ追加、機能向上し効率化実現

ヤマハ発動機は、単軸ロボット・アクチュエータ「Robonityシリーズ」に、ロボットポジショナ「EP-01」をセットにした単軸ロボット「Basicモデル:ABAS」と「Advancedモデル:AGXS」を追加し、2021年1月6日に発売する。

同社は今回、ABAS/AGXS用コントローラとしてEP-01を新たに開発し、機能性を向上させつつコストダウンを図ることを実現。

新製品は、リード長、ストロークのバリエーションが豊富で、ストロークは50~1450mmまで対応し、長距離搬送にも使用が可能。

ABASは、ガイドレールとフレームを一体化し、コンパクトでありながら剛性が高い点が特長。AGXSは、研削ボールネジを標準採用し、高精度と高耐久性を装備。クリーン仕様にも標準対応し、配管継ぎ手を取り付けて吸引するだけで、簡単にクリーン環境での使用が可能となる。

EP-01は、従来モデルとの容積比で37%サイズダウンし、並べて設置する際には、隙間をわずか1mm空けるだけの近接設置が可能。産業用Ethernetを軸に設計を見直すことで低価格化を実現し、Ethernetの標準装備、フィードバックパルス出力、直値制御の機能拡張、リアルタイム出力など、従来機種と比べて大幅に機能を拡張している。

単軸ロボット「AGXS」(左) とロボットポジショナ「EP−01」(右)

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG