富士通 3次元CAD、300万部品 処理0.2秒、装置モデル動作情報を蓄積

2020年12月9日

富士通は、独自開発の世界最速3次元CADエンジンを搭載した、機械装置設計向け3次元CADソフトウエア「FUJITSU Manufacturing Industry Solution COLMINA 設計製造支援 iCAD SX」の最新バージョン「iCAD SX V8L1」を11月16日から販売開始した。

新製品は、メモリアクセスの処理を改善したことで、処理速度を向上させ、3次元で扱える部品数を従来比3倍に拡張。機械装置の設計検討や検証において300万部品に及ぶ3次元データを扱うことができ、設計者が試行錯誤した結果を0.2秒で反映する処理性能を実現。

従来はメモ書きや設計者の記憶にとどめていた3次元装置モデルの動作情報を、設計初期から3次元データへ直接入力が可能となり、周辺部品との位置関係を確認しながら動きや工程、サイクルタイムの検討が行える。また、蓄積した3次元データを活用することで、制御設計での実機レスデバッグが可能。

さらに、設計の早い段階から確定する製造情報を、決めたタイミングで蓄積し活用できる機能を追加。3次元装置モデルと加工情報を活用した部品のコスト計算や、はめ合い公差の整合性を確認する3D検図などが可能となる。製造や保守サービスは、事前に組み立てや消耗部品の交換手順を3次元データで検討でき、海外工場で機械の組み立てを行う場合も、リモートで作業指示が行える。

販売価格は138万円〜、提供時期は2021年1月18日から。

3次元データを活用した動きの設計検討と検証