Moxa 産業用サイバーセキュリティ、OTシステムを防御

2020年10月21日

台湾・Moxaは、新しい産業用サイバーセキュリティ・ソリューションとして、次世代産業用侵入防御システム(IPS) 「EtherCatch IEC-G102-BPシリーズ」、次世代産業用ファイアウォール「EtherFire IEF-G9010シリーズ」、セキュリティ管理ソフトウエア「セキュリティ・ダッシュボード・コンソール(SDC)」を発表した。

新ソリューションは、OTシステムを悪意のあるサイバーアクティビティから保護し、影響を受けるOT機器の脆弱性を仮想パッチによって修正して、産業用ネットワークの可視性を容易に向上することが可能。侵入防御システムなどのITサイバーセキュリティ・テクノロジーを搭載し、さらに産業活動を中断せずにOTネットワークをサイバー脅威から保護する、OTとITの両方の観点から産業用ネットワークを保護できるよう設計されている。

IPS EtherCatchシリーズとEtherFireシリーズは、OTネットワークのエッジでPLCやHMIなどの資産を保護し、ネットワーク・トラフィックを監視するため、サイバーアクティビティに対する詳細な動作監視と制御を通してOTシステムの状態を把握することができる。

SDCは、EtherCatchシリーズとEtherFireシリーズを一元的に管理でき、セキュリティ・ポリシーの調整や自動化、リアルタイムのネットワーク・アクティビティの把握、ファームウエア、パターンの更新、実行などが行える。

産業用サイバーセキュリティ