「TECHNO-FRONTIER バーチャル展示会 2020」9月8日〜18日 オンライン開催

2020年9月3日

メカトロニクス、エレクトロニクス、開発・設計DXなど 112社が出展

製造業のエンジニアに向けて、開発促進と市場創出のためのメカトロニクス、エレクトロニクス専門展示会「TECHNO-FRONTIER バーチャル展示会 2020」(主催=日本能率協会)が9月8日(火)〜18日(金)の11日間、オンライン上で開催される。

「TECHNO-FRONTIER」は、モータ/電源/センサなどの要素技術をはじめ、製品設計に関する幅広い製品・技術の展示と、最新技術動向が学べるシンポジウムが同時開催されるショー&カンファレンス。1983 年の初開催以来、研究開発や設計に関わるエンジニアから多くの支持と評価を得ている。

今回、オンラインで開催する同展は、今年4月に幕張メッセで開催予定だったが新型コロナウイルス感染拡大防止に伴い中止となった「TECHNO-FRONTIER 2020」のバーチャル展示会版で、初のオンラインにて開催。要素技術メーカーを中心に 112 社が出展する。

現在、公式ページにて来場登録を受け付け中(参加無料)。

■公式サイト
■来場者登録

 

来場者は期間中、場所、時間を問わずに同展に参加でき、バーチャルブースから出展各社の製品資料データを制限なくダウンロード可能。また、平日 10 時から 17 時の間は、出展者セミナーのライブ配信受講や、一部の出展者へのオンライン問い合わせ、技術相談がリアルタイムに行える。

オンラインの主催者講演プログラムでは、基調講演として 2014 年にノーベル物理学賞を受賞した名古屋大学 天野 浩 氏(未来材料・システム研究所 未来エレクトロニクス集積研究センター センター長・教授)による「未来社会を見据えたイノベーション創出への取り組み」や、パナソニック 専務執行役員 CTO、CMO 宮部 義幸 氏による「100年企業のイノベーション」を用意。

このほか、コロナ禍によって喫緊の課題となっている製造業における DX(デジタル・トランスフォーメーション)や MaaS などモビリティ市場の最新動向テーマに、全 17 セッションが聴講可能。全セッションとも聴講無料、公式ホームページから事前予約制。

 

「TECHNO-FRONTIER バーチャル展示会 2020」開催概要

・会 期:2020 年9月8日(火)10:00~18 日(金)17:00
・公式サイト:https://jma-tf.com/virtual/
・来場方法:https://jma-webexhibition.com/visitors/regist から要事前登録
・展示規模:112 社 (2020年9月1日現在)
・主 催:一般社団法人日本能率協会
・来場対象者:開発、設計、製造、研究等に携わる技術者ほか
・展示製品:モータ技術、モーション・エンジニアリング、メカトロニクス制御技術、センシング・画像解析技術、部品設計・加工技術、電源・パワーエレクトロニクス、バッテリー技術、電子部品用材料、EMC・ノイズ対策技術、熱設計・対策技術、CASE/ADAS、AI/Robotics Tech、開発・設計 DX、ものづくり IoT、IoT7 つ道具

 

■TECHNO-FRONTIER バーチャル展示会 2020