AM/積層造形の最先端技術「フォームネクストフォーラム 東京 2020」9月24・25日 産業貿易センターで開催

2020年8月26日

3Dプリンティングなどのアディティブ・マニュファクチャリング(AM/積層造形)を中心とした、最先端の技術展示とセミナーの複合イベント「フォームネクストフォーラム 東京 2020」(主催=メッセフランクフルト ジャパン)が9月24・25日、東京都立産業貿易センター浜松町館(JR浜松町駅から徒歩5分)で開催される。開場時間は10時から17時。

同イベントは、ドイツ・フランクフルトの国際見本市「フォームネクスト」の姉妹イベントとして2019年に日本で初開催され、今回はさらにカンファレンス・セミナーの展示エリアを拡大して開催。多彩な展示のほか、業界著名人による主催者セミナー、最新情報が満載の業界団体セミナー、トルンプやDMG森精機などによる出展者プレゼンテーションを実施する。

主催者セミナーは、2日間で計6本のAMを中心とした次世代製造技術や最新情報を紹介するプログラムを用意。

24日は東芝エネルギーシステムズの辻大輔氏による「アディティブ・マニュファクチャリング(AM)の今、そして将来」、25日は大阪大学接合化学研究所の塚本雅裕教授による「高輝度青色半導体レーザーを利用したLMD方式金属、3Dプリンティング技術」などを発表予定。

■フォームネクストフォーラム 東京 2020