フエニックス・コンタクト コモン端子台「PTFIXシリーズ」

2020年8月26日

あらゆる手間をスッキリ解決

フエニックス・コンタクトのPush-in式接続のコモン端子台「PTFIXシリーズ」の採用がこのところ急速に増加している。

開梱して接続するだけで分岐することができ、ねじ式使用ユーザーにも好評で、大幅な作業工数の削減と小型化に貢献している。

取付け方法もDINレール取付け(横向き、縦向き)、直付けが選択可能で、カラーバリエーションも12種類、さらに極数も2、4、6、12、18極から選択できるため、あらゆるアプリケーションに柔軟に適応可能である。

PTFIXシリーズは、分岐適合断面積として1.5mm2、2.5mm2、4mm2のラインアップであったが、2020年に10mm2タイプのPTFIX10シリーズを追加し、4種類となった。

PTFIX10は、カラーバリエーションが5種類あり、定格電圧450V(DINレール取付けの場合は800V)、定格電流57Aで、Push-in接続での大電流分岐が可能である。

同社では、PTFIXシリーズのサンプルキャンペーンを現在行っている。オンラインで簡単にサンプル依頼できる点が大変好評なことから、キャンペーン期間を延長して継続している。

https://www.phoenixcontact.com/online/portal/jp