日立とPTCがタッグ、製造業の全体最適化で協業

2020年8月26日

日立製作所とPTCジャパンは、このたび、製造業における製品の企画・設計から調達、生産、保守サービスまでのバリューチェーンをシームレスにつなぎ、全体最適化を実現する次世代ソリューションの提供に向けて協業を行うことで合意した。

日立は、自ら製造業として長年培ってきたOTとIT、プロダクトを融合し、Lumadaを活用したトータルシームレスソリューションを製造業向けに提供し、調達から生産、保守サービスに至る”モノをカタチにする”サプライチェーン領域の最適化を強みとする。PTCは、各種部品表(BOM)を中心に設計・開発のための情報を一元管理するPLMソリューションのWindchillに、IoTデータの収集・監視を担うアプリケーション開発基盤のThingWorxのデータを連携することで高機能・高品質の製品をつくる、“モノを企画する”エンジニアリングチェーンを提供している。

協業の第一弾として国内の製造業を対象に共同で事業展開を行っていく。大手工作機械メーカーであるオークマのデジタルトランスフォーメーションの実現に向けて、日立のサプライチェーン領域とPTCのエンジニアリングチェーン領域を組み合わせたモノづくりノウハウのデジタル化に関する共同提案に取り組んでいる。今後は日本での実績をベースに、グローバル展開を図っていく予定としている。