オプテックス・エフエー ハーフミラーユニット、従来比1/4に小型化

電子部品の外観検査用同軸照明

オプテックス・エフエー(京都市下京区)は、超薄型同軸照明として使用できる、センシングバックライト照明OPFシリーズのハーフミラーユニット「HMB-OPF-50×15」を8月17日から販売開始した。

コネクタなどの細長いワークの外観検査は、同軸照明をワークの長さに合わせて選択すると照明の奥行きも大きくなり、スペース効率が悪いという課題がある。

新製品は、コネクタ部品に最適な50×15mmサイズのセンシングバックライト照明にネジ止めすることで、発光面が50×15mmの薄型同軸照明として使えるようになるハーフミラーユニット。発光面51×51mmの同軸照明と比較すると、体積比は約4分の1、質量は195gの軽量化を実現。狭小スペースにも設置が容易となる。

また、発光面からの漏れ光が少なく、高輝度で高均一な照射ができ、照明と組み合わせることで、小型ワークの高精細撮像が可能となっている。

ハーフミラーユニットの標準価格は8万6000円、国内販売数目標は年間200台。

ハーフミラーユニット(上段)とセンシングバックライト照明(下段)

オートメーション新聞は、1976年の発行開始以来、45年超にわたって製造業界で働く人々を応援してきたものづくり業界専門メディアです。工場や製造現場、生産設備におけるFAや自動化、ロボットや制御技術・製品のトピックスを中心に、IoTやスマートファクトリー、製造業DX等に関する情報を発信しています。新聞とPDF電子版は月3回の発行、WEBとTwitterは随時更新しています。

購読料は、法人企業向けは年間3万円(税抜)、個人向けは年間6000円(税抜)。個人プランの場合、月額500円で定期的に業界の情報を手に入れることができます。ぜひご検討ください。

オートメーション新聞/ものづくり.jp Twitterでは、最新ニュースのほか、展示会レポートや日々の取材こぼれ話などをお届けしています
>FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

FA・自動化、デジタル化、製造業の今をお届けする ものづくり業界専門メディア「オートメーション新聞」

オートメーション新聞は、45年以上の歴史を持つ製造業・ものづくり業界の専門メディアです。製造業DXやデジタル化、FA・自動化、スマートファクトリーに向けた動きなど、製造業各社と市場の動きをお伝えします。年間購読は、個人向けプラン6000円、法人向けプラン3万円から(いずれも税抜)

CTR IMG