オプテックス・エフエー ハーフミラーユニット、従来比1/4に小型化

2020年8月26日

電子部品の外観検査用同軸照明

オプテックス・エフエー(京都市下京区)は、超薄型同軸照明として使用できる、センシングバックライト照明OPFシリーズのハーフミラーユニット「HMB-OPF-50×15」を8月17日から販売開始した。

コネクタなどの細長いワークの外観検査は、同軸照明をワークの長さに合わせて選択すると照明の奥行きも大きくなり、スペース効率が悪いという課題がある。

新製品は、コネクタ部品に最適な50×15mmサイズのセンシングバックライト照明にネジ止めすることで、発光面が50×15mmの薄型同軸照明として使えるようになるハーフミラーユニット。発光面51×51mmの同軸照明と比較すると、体積比は約4分の1、質量は195gの軽量化を実現。狭小スペースにも設置が容易となる。

また、発光面からの漏れ光が少なく、高輝度で高均一な照射ができ、照明と組み合わせることで、小型ワークの高精細撮像が可能となっている。

ハーフミラーユニットの標準価格は8万6000円、国内販売数目標は年間200台。

ハーフミラーユニット(上段)とセンシングバックライト照明(下段)